大阪でドイツを飲み干す!

関西圏を中心にドイツ系イベントの紹介やお店、ビールの話など発信しています。

【森ノ宮】ベルリン71がコスパも最高で素晴らしい

大阪市内にはいくつかのドイツ料理を提供するお店がありますが、
今回紹介するベルリン71は、その中でも特にゲル一押しのお店です!

 

f:id:haisruty:20160523201747j:plain

JR森ノ宮駅から徒歩すぐの場所にあります。

お店はドイツ人オーナーのクリスさんが開かれています。
今大阪(はたまた関西?)でドイツ人オーナーが開いているお店はここだけです。

大阪堂島にあるローレライは前オーナーが引退されていますし、
西天満にあったJJ'sは2015年にオーナーが亡くなられた後に閉店してしまいました。

 

f:id:haisruty:20160523202613j:plain
クリスさんとゲルファミリー。とっても気さくな方!

そして現在唯一本場ドイツの料理を提供する本国の方のお店はここベルリン71のみになりました。

そして何よりこのお店の素晴らしい所はコスパが最高に良い!」ということ。

どうしても本格的なドイツ料理というのは日本での提供価格は若干高いめになってしまいます。これは輸入品の輸送費分だったりなども当然ありますが、どうしても1品料理と考えると量がそれなりに多くなってしまう事も影響しています。

ベルリン71は欧風居酒屋という事で、1品の量は他のドイツ料理店と比べるとすくなっていますがその分価格を抑えることで客のイニシャルコストを下げているという利点があります。

がっつり1品!となると例えばアイスバイン(豚脛肉の煮込み)なんかは平均的な提供価格は2000円以上はします。その分4人~くらいで食べ分ける量にはなっていますが、少人数や一人では中々頼める量ではありません。

ですがこれが最初から1人分の5、600円くらいになれば「ちょっとこれも食べてみるか」とできますよね?そういうわけで「いろいろな種類を食べる」または「少量つまみながら飲む」というスタイルを取りやすく、満足度と値段が結果的に下がっている例だと思います。

f:id:haisruty:20160523203600j:plain

メニューの一部…ん~。やっぱりリーズナブル!

そしてこのお店、居酒屋というだけあってドイツ料理以外も多い。
海ぶどうとかアユの焼いたのとか、焼酎・泡盛もあるしね。

本当、個人的には家からちょっと遠いのが悔しい。

普段使いにしたいお店です。

 

f:id:haisruty:20160523204146j:plain

アユ。もちろんウマい。(その日のおススメなので、無い時もあります!)

ビールの生提供はサッポロ黒ラベル/エーデルピルスの2種類です。
その他のドイツビールなどは缶・瓶の提供です。

いやはや、これはいいところ見つけた。
胸張っておすすめできるお店です。

 

tabelog.com